So-net無料ブログ作成
検索選択
おでかけ ブログトップ
前の10件 | -

*早朝散歩と花火の宵* [おでかけ]

夏休みに入ってから
超早起きの習慣が定着しつつある我が家です。


寝る時間もとんでもなく早くなって
めっちゃ遅くて11時
早い日は7時半くらい!

今日はまもなく10時
もうねむねむです。



おとといの夜は7時半に寝て
日付変更線過ぎてしばらくしておきた娘が
夜中2時半にわたしを起こしにきて
もそもそ起き出し
3時過ぎに朝ごはん
そして
叡電の始発に乗り出町柳へ

向かった先は下鴨神社
この日のお目当ては『みたらし祭』
始まる時刻5時半に合わせて到着。


膝までの深さの池は
キンキンに冷たーい!
あらかじめたくし上げたペチパンツも
ワンピの裾もびしょびしょ

でも気持ちいいから気にしない気にしない

途中でロウソクに灯をともし
池から上がってみたら
足がぽっかぽか~


はぁ~~~清められました[ぴかぴか(新しい)]


裸足で歩く娘
IMG_6613.jpg





その前日には早朝の植物園

開園(7時)と同時に入ると
なんとも清々しいこと![ぴかぴか(新しい)]


登る朝日とヒコーキ雲

IMG_6597.jpg


あ、増えた!

IMG_6598.jpg



身長172cmの娘がちっちゃく見える程に
背高ノッポのひまわり

IMG_6604.jpg




こちらは昨夜の花火

IMG_6661.JPG


ウチから歩いて20分くらいのところにある宝が池で
ときどき上がる花火。
ウチの物干し場からも
チラっとは見えるんですが
ごくごく間近で見ることができて
ほんの15分ほどの小規模の花火とはいえ
大満足で帰路につきました。


そして一夜が明けた今朝
日が昇り始めたころ
同じ宝が池にお散歩

IMG_6664.jpg


木のてっぺんに鳥発見!
気もち良さそう[ぴかぴか(新しい)]


朝の宝が池
IMG_6665.jpg


この景色を見るたび
『天と地は相似形』というタイトルの本(著・横尾忠則)を思い出します。


ホント、
天と地も
ネガポジも
陰陽も
みんなみんな相似形なんですよね。



休憩所の柱に
こんなコがいました。

IMG_6670.jpg


ぷぷぷ




さあて
明日は何時に起きて(起こされて)
どこへ行こう?[るんるん]





お散歩三昧の日々ですが
新作も着々と制作してますし
アートディレクターを買って出てくれた娘の手で
今後の販売や情報提供に関する諸々を
再構築中です。

お楽しみに!







*あちらこちらで夏を感じて* [おでかけ]

今月半ばごろから
ちょこちょこお出かけをしては
いろんな夏の景色を愉しんでいます。


梅雨明け前の晴れ間に訪れたのは
アートアクアリウム
お京阪に乗って中之島まで
ちょっと遠足気分のお出かけ

そこで待っていたのは
幻想的な水の世界と宇宙と金魚たち

IMG_6352.jpg


IMG_6400.jpg


IMG_6395.jpg


IMG_6393.jpg


IMG_6397.jpg


IMG_6374.jpg


IMG_6403.jpg



涼感あふれる空間に
ゆらゆらゆらゆら漂ってきました[ぴかぴか(新しい)]




また別の日には
ちょっと足を伸ばしてお買い物

そこから一番近そうな公園まで
てくてく歩いていったら
小さな池には亀がいっぱいいて

IMG_6445.jpg


そして、梅雨明け直後の空と緑が眩しくて[ぴかぴか(新しい)]

IMG_6450.jpg





そしてそして
京都に越してきて4年目の夏
生まれて初めての祇園祭!


前祭の宵山の人だかりも初体験

IMG_6423.jpg


人の波に流されてきました。

IMG_6427.jpg


IMG_6434.jpg



前祭の巡行には行けなかったけど
後祭の巡行には滑りこみセーフ!

IMG_6508.jpg


すごーい[ぴかぴか(新しい)]
すごーい[ぴかぴか(新しい)]

わたしたち母娘が観光客に見えたのか
初めは見物人の後ろの方にいたのに
どんどん前に譲ってもらえて
よーく見えました。
写真も撮りやすくて
めっちゃラッキー[るんるん]

この鉾の屋根の上のお兄さん
ノンキにくつろいでたのが印象的でした。
IMG_6513.jpg


IMG_6523.jpg


IMG_6532.jpg


IMG_6540.jpg



初祇園祭、存分に愉しめました!!!




夏はまだまだ始まったばかり
いろんな風景と出合って
京都の夏を味わいつくしたいです。






*ぐるぐるつながる出会い* [おでかけ]

先週はなんだか不思議な一週間でした。


会いたかった作家さんに会えたり
一旦は諦めたライブに行けたり
おまけに、
そのミュージシャンたちが会場をあとにするとこに遭遇したり
娘の高校最後の体育祭で大笑いしたり
借り物競争で借り出されたり
懐かしさを感じる療法や空間に出合ったり
いろんな人といいタイミングで
お話するチャンスに恵まれたり
生命大躍進という展示会に行って
宇宙と生命のナゾにクラクラしたり
来春から暮らす予定の土地の方が
(冒頭の作家さんも同じとこの方!)
服をお買い上げくださったり



どれもこれも
ピンポイントの偶然
まさに奇跡の連続でした[ぴかぴか(新しい)]


IMG_5600.JPG



IMG_5601.jpg



IMG_5660.JPG



IMG_5770.jpg



IMG_5778.jpg



IMG_5760.jpg



IMG_5757.jpg



IMG_5774.jpg




あーもー素晴らしい![ぴかぴか(新しい)]
不思議なコトだらけ![ぴかぴか(新しい)]




*ツバメの町まで* [おでかけ]

前記事で話題にしたばかりの
『ツバメの町』に行ってきました。


阪急小林駅の
切符売り場の上を見上げると
いつもの場所に
ツバメの巣を発見!

IMG_5522.JPG


中には
ツバメの姿も見え隠れしてました。


そして
百合珈琲さんまでの道すがら
あちらこちらで
ツバメの鳴き声と飛ぶ姿が♪


飲食店、 衣料品店 
八百屋さん、お花屋さん
美容室etc.etc.
様々な庶民的な雰囲気のお店が
立ち並ぶこの町
そんなあちこちの軒先に
ツバメの巣があるんですね。


ツバメの飛ぶ姿を
写真におさめようと思ったんですが
動きが素早過ぎて
全く撮れませんでした。
ざんねーん





百合珈琲さんでは
いつものサンドイッチをいただきましたよ

IMG_5524.jpg


れんこんバーグサンドと
ふわふわタマゴのサンド

この組み合わせが
わたしにとっての
『いつもの』です。


そしてスイーツは
イチゴのミルフィーユ
IMG_5533.jpg


百合さんのスイーツは
そのネーミングから想像する様子とは
ちょっとちがう感じのものが多いのです。

あまおうのショートケーキも
角切りのスポンジに生クリーム
そしてイチゴがゴロゴロ入った
ランダムな雰囲気でしたし

このミルフィーユも
いい意味で裏切ってくれました。



「この世の中はすべて
個人的な思い込みでできている」
と言われますが

自分が思い描くものは
自分が見聞きしたり
体験したりしたことのある範囲内の
ちっぽけな世界の中にしか
存在しないんだなーって思います。





ツバメの町まで
ひとりでの~んびり
小旅行気分を味わってきた一日でした。







*浦島太郎気分* [おでかけ]

春爛漫ですねー[ぴかぴか(新しい)]


清々しいポカポカ陽気だったおととい
お墓参りに行ってきました。


近いようで遠い
遠いようで近い名古屋へ
かなりしばらくぶりの帰郷


これまた久しぶりに会う叔父叔母と
満開の桜の中
ここまで素晴らしいタイミングはないねと
奇跡的なまでの美しい眺めを愉しみつつ
お墓参りしてから
優雅なランチタイムを過ごしました。


そのあと
友人の雑貨屋さんに立ち寄り
のんびりおしゃべり

そして
ふと思い立って
わたしの生まれ育った町へ



最寄の地下鉄の駅を降りたら
馴染みの風景が現れる
・・・と思いきや

我が家御用達だった和菓子屋さんも
威勢のいいおばちゃんの中華料理屋さんも
すっかり跡形もなく更地に
猫を拾った真ん前にあった喫茶店も
もう別のお店になっていて

川の向こう岸の大きな工場は
ハウジングセンターになり
実家の並びの家々は
ほんの数軒を残して
あとは建て替えられていたり
知らない苗字の表札が掛かってたり
ウチの実家と同様
駐車場や更地になってしまっていたり

戦火を逃れたという古い町並みは
もう見る影もありませんでした。



それでも!

IMG_5115.jpg



亡母が若かりしころ
青年会で植えたという桜並木は
川まで垂れ下がるほどに立派に育ち
まさに満開中の満開
圧巻の景色でした。


そぞろ歩く花見客も多くて
なかなかの賑わい


IMG_5113.jpg



20年前までは
たしかにそこに在った建物も
そこで暮らしていた人々も
もうほとんどなくなってしまったけれど

川沿いに延々と続く桜の木たちや
うちの前の土手の草花は
今もそこに根ざし
成長を続けていました。



人や建造物は
消えていってしまっても
植物たちは
たんたんと
生き続けるんですね。



IMG_5122.jpg



春には
ツクシの宝庫だったこの土手で
毎日ツクシを摘んでいた父の姿や
桜吹雪舞い散るこの並木の下を
サイコーにイイ気分で
自転車で走り抜けていた
あの春の情景は
本当に貴重だったんだなと
今さらながらに思います。


IMG_5128.jpg




駅へ向かう道は
ちょっと遠回りして
友達の家があったあたりの路地を歩いたり
母校の中学の前まで行ったり
長年通った美容室のあったビルを見上げたり


やっぱり
どの道を歩いても
かつての様子と変わりないのは
ごくごくわずかで
よーく知っている場所のはずなのに
まるで知らない場所のような
妙な感覚でした。

気分はまるで浦島太郎



20年前に
自らココを出たわたしですけど
もうココには居場所はないんだな
なんてことを
改めて実感しました。


それでも
また
この桜を見に
ココを訪れたいです。


いつかまた
きっと






*撮影散歩の日々* [おでかけ]

この春休み
一、二日おきくらいのペースで
撮影散歩にお出かけしてます。



先週行ってきたのはこんなとこ

IMG_5034.jpg



本気でぼーーーーっとできる場所でした。

IMG_5036.jpg



のどかな風景広がる中
土地勘のないとこを
てくてくてくてく
あてもなく歩き回って


帰りには
かの有名処にも立ち寄りました。

IMG_5042.jpg


レトロな雰囲気がたまりませんね



またまた別の日

IMG_5095.jpg


IMG_5097.jpg


IMG_5106.jpg



雨が降ったり止んだりの
どんよりした空の下でも
たしかに春が来ていました。

IMG_5088.jpg




春ですねぇ[ぴかぴか(新しい)]



IMG_5094.jpg




*ここも京都市左京区* [おでかけ]

IMG_4833.jpg




数日前の午後
ふと思い立って
大原まで行ってきました。


写真が趣味の娘と
撮影散歩をするために



ウチの最寄のバス停から
ほんの30分弱で
終点大原に到着


京都に移り住んで丸4年
大原はいい所とは聞いていたけど
同じ左京区内にあるとはいえ
なんだか遠い気がしてたし
なかなか足を運ぶチャンスがないままでしたが
ようやく行けました!

思いのほか近かった!
河原町に出るのと
所要時間はほとんど同じ!

なのに
バスの窓を流れる景色は
みるみるうちに変わって
すっかり旅気分♪


この日は
わたしがカメラマン

畑の脇や道のド真ん中
川べり、森の中で
自由に動き回る娘を
ぱしゃぱしゃぱしゃぱしゃ
シャッターを切り続けました。


いきあたりばったり
いい撮影ポイントを探しながら
めくらめっぽう歩き回って
撮りに撮りまくって
里の駅で休憩して
ウチを出発してから
帰宅するまで
ほんの3時間ほどのプチトリップ



こんな飛び出し坊やもにも
笑わしてもらいました。

IMG_4834.jpg


ぷふっ












*歩いて歩いて歩き回った旅* [おでかけ]

わたしは普段から
よく歩く方ですが
今回の旅では
めっっっちゃ歩きました。


長く続く坂道の途中
ガソリンスタンド前の植え込みに癒されたり
IMG_9290.jpg



この坂を上りきれば
あの食堂があるはず!と
ふうふうがんばったり
IMG_8781.jpg



いろんな木々や草花が
ぎゅーっと詰まってそうな公園が
キラキラしてて
しばしボーーーっとしたり
IMG_0459.jpg



行く先々でオススメされた場所目指して
またまた坂を上って
IMG_8474.jpg



かわいい道を下りながら
ほっこりしたり
IMG_6528.jpg



道を間違えて
ちょっと遠回りしちゃったけど
こんな可愛い絵に出くわして
こっちの道来てよかったーって思ったり
IMG_9161.jpg




なかなか来ないバスに痺れを切らして
次のバス停まで歩くつもりが
バス停見過ごして
3つくらい先まで歩いちゃったり



スムーズに行けた場所もあったけど
ほとんどが迷子になりながら
「どこ?どこ?どこ?」って
ひとりごと言いながら
かなり無駄に歩いたので
土地勘ある人にしてみたら
とんでもない距離を歩いたかもしれませんねー


とにかく
坂道だらけのこの町。
夏真っ只中の季節には
結構過酷でしたが
常に吹いている風に救われつつ
なんだかんだで
毎日毎日
ひたすら歩いて
歩けば歩くほど
元気になっていくのを
実感しました。



おそらく
『旅行者だから歩ける距離』
ってのがあるんだと思います。


土地の形状や距離感を
把握していないからこそできるコト

それを満喫してきた旅でした。





*雲の上* [おでかけ]

飛行機の窓から見る空は
いつでもどこでも幻想的ですね。


今回の旅でも
刻々と変わる風景に見惚れて
ついついシャッターを切りまくってました。


IMG_5050.jpg


IMG_7623.jpg


リアル ラピュタ!

IMG_7683.jpg


IMG_1296.jpg



宇宙ってすばらしい芸術です。


帰りのフライトは夜が始まる頃でした。

IMG_1307.jpg






*あれから20年!* [おでかけ]

今日は母の十三回忌にあたる命日で
名古屋までお墓参りに行ってきました。


ほぼ行って帰ってくるだけの日帰り旅。
とってもいいお天気の中
どこにも寄る予定もなく出かけましたが
行きの新幹線に揺られながら
はっっっっっ!!!
っと気付いたのです、わたし。

ファッションショーをしたのが
1995年の5月。
・・・ってことは
ちょうど20年前!

そうだ!アノ場所へ行こう!



親戚と落ち合って
お墓参りを済ませ
美味しいランチをいただいた後
叔父の車で移動。

そしてアノ場所に到着。


IMG_0691.jpg


ジャジャーン♪

名古屋は鶴舞公園の奏楽堂


わたしがショーをした2年後
老朽化のため立て替えられて
当時とは趣のちがう建造物になってましたけど。


ここで前代未聞のショーが行われ
2日間で700人以上のお客様を動員し
自分の想像を遥かに超える光景に
ただただ感動したのでした。


それを
客席から少し離れた場所で
立ち見をしていた母の後ろ姿と
わたしがもらった花束を渡したら
照れくさそうにはにかんだ父の顔が
焼きついています。



その翌年、父が他界。
そして
母が他界してから
今日で丸12年。



月日は流れ流れていきますね




それにしても
20年前に
ここ奏楽堂の屋根で
大勢のモデル(役者さん)たちが
花火で飾ったラストシーンは
実に幻想的でした。

3815204628_e14b80818d.jpg




このときのビデオが
わたしの手元に残ってないという・・・
本当に幻だったんじゃないかと
思えてなりません。







前の10件 | - おでかけ ブログトップ